アンニョン! ハーモニーマート 明洞 ブログ★

mdhmart.exblog.jp

ハーモニーマートのお得な情報や、韓国に関する話題をお届けします^^どうぞよろしくお願いします。

そうだ!映画を見よう!


ハーモニーマートです003.gif



話題の映画が目白押しな気がしますね!

最近はよく映画を見ています。時間がないときは見れないので、
見れるときに、まとめて見るのもいいかな。

ちなみに、先週は佐々木希主演の「呪怨~終わりの始まり~」と「惑星脱出~反撃の序幕」
1日に2本見ました037.gif




朝一の映画は割引があって、5000ウォン(約500円)安~い!!
注(割引は映画館によって異なります。)



「呪怨」はやっぱり怖いです。白い子供は何度見ても不気味です。
f0352971_18434948.jpg

f0352971_18512374.jpg

こちらが出演者の方々ですね。真ん中の母親役の方も、ほんと怖かったです(泣)



あらすじ。
小学校3年の学級担任を務めることになった佐々木希。
ずっと不登校の生徒としおの自宅を訪ねる。
しかし、その日をきっかけに不可解な出来事が起こるようになる。
その家は足を踏み入れた者は死をとげる「呪われた家」だった。
少しずつ明らかになる過去。果たして全ては強い怨念を抱いて死んだモノの
呪いによるものなのか。。呪われた家の秘密とは?



日本国民が選ぶ最も怖い映画1位に選ばれている「呪怨」
韓国人が最も怖がる映画としても知られています075.gif海外でもリメイクされましたね。




少人数収容の小さな会場で、観客はわたしを含めて3組だけ。
わたし以外はカップル035.gifやはり、ホラーは一般的に、一人で見るものではないんですね(笑)

呪怨も怖いですが、やはりわたしは「リング」がもっと怖かったです。
怖いシーンは薄目で見てしまうわたしです010.gif怖いけど、見てしまう心理ですね!
暑い夏はホラーで涼むしかありませんよ、みなさん004.gif






さて、次は何を見ようかと悩んだ挙句、
f0352971_18442093.jpg

「猿の惑星」シリーズだと思うんですけど。マートのアルバイトの子がおもしろいって
言ってたので、これでも見てみようと思って071.gif


ちなみに、「猿の惑星」シリーズも過去に何本か鑑賞済み。
これは内容がつながっているわけではないので、他のを見たことないって方も大丈夫です。
人間と猿の友情、そんなストーリー性が強いかなって思います。
おもしろく見させていただきました051.gif






現在公開中、あるいは公開予定の映画は、


東京家族」妻夫木聡、蒼井優、橋爪功、吉行和子他。7月31日公開
f0352971_19161984.jpg

あらすじ。
小さな島に住んでいる夫婦が息子や娘が住む東京に上京する。
医者の息子と、美容院を経営する娘は突然の両親の訪問に、困惑する。
忙しいという理由で、ホテルに泊まるように勧める。
末っ子の息子(妻夫木)だけが温かく迎え、彼女(蒼井優)も一緒に楽しい時間を過ごす。
しかし、予期せぬ事件で家族に危機が訪れ。。。


という感じです。ぜひ見たいです!

日本で映画を見ると高いですが、韓国は安く見られるので最高です!029.gif








ヘム(海霧)」8月13日公開予定。
出演はキム・ユンソク、ユチョンなどなど。
他には、脇役で活躍されている方々が多いですね~
f0352971_19255171.jpg
ユチョン出演ということで、舞台挨拶は日本人ファンが多いのではないでしょうか?



あらすじ。
前も見えない海霧。
一時、ヨスの海を制覇していたチョンジン号だが、大漁収穫を上げられず、
減隻の対象となる。船を失う危機に追い込まれた船長チョルジュ(キム・ユンソク)は
最後のチャンスだと、船員とともに古い漁船チョンジン号に賭ける。
船長を筆頭に、何かと問題のあるワンホ、船長の命令に黙々と従う甲板長ホヨン、
世の中で金が一番のキョング、いつでもどこでも、忠実な乗組員チャンウク、
船乗りになったばかりの最年少ドンシク(ユチョン)。

6人は大漁の夢を抱えて出港する。
しかし、大海原で彼らが運ぶのは魚ではなく人だった。
船長は生活基盤の船を守るため、船員たちに密航の手助けを提案する。
命をかけて海を渡ってきた、たくさんの密航者たち。
そして、運命の船に乗り合わせた6人。そのとき、一寸先も見えない海霧が押し寄せ、
彼らはどうすることもない事件に巻き込まれる。


(
と、ちょっとミステリーなジャンルでしょうか。
こういうのも好きです045.gif


みなさんは気になる映画があったでしょうか?045.gif




ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by martmdong | 2014-08-02 20:20 | +ドラマ・映画 | Comments(0)